Chair / C19-34

DENMARK

ハンス J. ウェグナーが1955年に発表した、丸みを帯びた流線型のアームとふくらみをもったエンタシスのデザインの脚部が特徴的なイージーチェアです。
アーム部分が葉巻の形に似ていることからシガーチェアとも呼ばれている名作の一つです。
クッションにはゲタマ社で多く使用されていたスプリングが使用されており、適度なクッション性があり良い座り心地です。

ファブリックは日焼けによる色褪せが多少見られますが、コンディションは良いためそのまま採用し、スプリングを包んでいた緩衝材は取り除き新しい緩衝材に交換しています。
クッション下の布も新しく交換しています。

アーム部分に数か所経年劣化によるくぼみが出来ていた為パテにて補修しています。
特に傷みやすいアーム部分は薄く塗膜をつけ、アーム以外はオイル、ワックスで仕上げています。

画像以外にもユーズド特有の細かいキズや打痕などの使用感や経年による変化などございますが、特に大きなダメージなどは無く良いコンディションだと思います。

Designer
Hans J. wegner
Model
GE240/1955
Maker
GETAMA
Material
オーク材、ヴィンテージファブリック
Size
W690 D780 H760mm SH400mm
Price
180,000円(税抜き)
お問合せ・ご注文フォームChairへ戻るHow to oder
お問合せ・ご注文フォームChairへ戻るHow to oder